読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

歩道橋の話

日記

帰省したら、近所の歩道橋が撤去されていた
その歩道橋は交差点の東側を南北に繋いでいて
斜めに渡れるわけでもなく、かといって交差点の信号待ちが長いでもなく
ほとんど誰にも使われていない歩道橋だった

昨日おれが見たとき、ほとんど工事は終わりかけていて
残すは基礎の部分だけになっていた
ちょっと見ない間に、歩道橋は影も形もなくなっていた

あの歩道橋、使ったことあったっけかな
たぶん二回くらいだ、それくらいしか覚えていない
一度目は十何年も前、中学生の時だ
寝坊して部活に遅れそうだったからおれは全力で走っていて
信号待ちをする時間すらも惜しかったのだ
歩道橋の階段を上り下りする間に信号の色は変わっていて
やっぱりこの歩道橋意味ねえなと思ったことを覚えている

もう一度はわりと最近のことだ
大阪マラソン、あれのコースにその歩道橋のあった交差点も含まれていて
その日の交差点は通行止めになっていた
おれは自動車教習所に行く必要があったから
自転車をかついで歩道橋を上り下りした
こいつも一年に一度くらいは役に立つものだ、とそう思った

今朝、荷物をまとめて実家を出た
工事はもうすっかり終わっていて
安全第一と書かれたフェンスも全部取り払われていた
後には真新しい、黒いコンクリートが敷き詰められていて
歩道橋の名残を示すのはそれくらいのものだった

一部分だけ色の違う道を見ながらおれは
ほとんど使わなかった歩道橋のことを思い出していた