読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

t.A.T.u.の歌を思い出す話

 昨晩、高校の同期と飲んでるときにt.A.T.u.の話になったんですよ。どういう流れかは忘れたんですけど、あーいたねそんなやつら、PVで少女二人がキスするやつね、Mステをドタキャンしたやつね、代わりに演奏したミッシェルガンエレファントのミッドナイトクラクションベイビーがすんげえ格好よかったやつね、とまあそんなことになって。
 で、どんな歌詞だったかなあと皆して思い出そうとしたんですね。おれは確か「オニトゥマヘー」だったと思うと提案し、それは概ね賛同を得られたんですよ。サビだけは皆メロディーを覚えていたので、以下が俺たちが過去の記憶を掘り出して復元したt.A.T.u.の曲の歌詞になります。

オニトゥマヘー オマヘーヘー
オニトゥマヘー オニトゥマヘー オニトゥマヘー↑
オニトゥマヘー オマヘーヘー
オニトゥマヘー オニトゥマヘー オニトゥマヘー↑
フッフッフッ フッフーフーン (wow wow)
フッフッフッ フッフーフーン

 いや文字だけでは伝わらないと思うんですけどね、これかなりの再現度だったんです。あの時の俺たちはほとんどt.A.T.u.でした。雨に打たれながらキスをした方が良いんじゃないかと思ったくらいです。
 しかし、いくらこれがかつてのt.A.T.u.をほぼ再現していると断じて過言ではないとは言え、答え合わせが必要だなという話になりました。とはいえ曲名も分からないので、取り敢えずは「オニトゥマヘー」で検索をかけてみることにしました。

 次の検索結果を表示しています: オルトゥマヘイ
元の検索キーワード: オニトゥマヘー

 早速立ち込めてくる暗雲。俺たちがオニトゥマヘーだと思っていたのはオルトゥマヘイだったのか。オルトゥマヘイ オマヘイヘイ オルトゥマヘイ オルトゥマヘイ オルトゥマヘイ↑だったのか。先ほどまでほとんどt.A.T.u.だったはずの俺たちに亀裂が入ります。
 この「オルトゥマヘイ」、かつて学校へ行こうのB-RAPハイスクールに出演していたMUSIAというラッパーが提唱した空耳だったようですね。t.A.T.u.といい学校へ行こうといい、懐かしむ話題から俺の年代が確実にバレていっています。
 で、そんな似非ラッパーの空耳に俺たちのオニトゥマヘーが遅れを取るわけがないと思い、ちゃんと歌詞を調べることにしました。どうせt.A.T.u.で調べて最初に出てきた曲がオニトゥマヘーのやつです。俺たちの正しさを証明しようという瞬間、いやがうえにも胸が高鳴ります。


"All The Things She Said" - t.A.T.u.

All the things she said
All the things she said
Running through my head
Running through my head
Running through my head
(Running through my head)
                                    ×2
This is not enough

 再び鎌首をもたげる暗雲。all the things she said? おかしくない? オニトゥマヘーのマがなくない? 歌詞とPVを睨み付けながら、譫言のように俺たちはオニトゥマヘー オマヘーヘーと呟きます。
 そして判明した真実には、これ、最初の2フレーズと次の3フレーズで歌詞が違うんですよね。初めはAll the things she saidで次はRunning through my headなんですよ。つまり、前半はオザシグセーで後半はラニスマヘーと表現するのがより正鵠を射ているということで衆目が一致しました。
 つまり、我々の信じていたオニトゥマヘーオザシグセーラニスマヘーが混じりあった結果に生まれたものだったのですね。しかし歌詞の正確な発音は間違えて覚えていたとはいえ、途中ラニスマヘー↑と音が上がる部分や(wow wow )と入る合いの手のタイミングは完璧に覚えており、もう俺たちの記憶力は凄いのか何なのか良くわからん。
 そんな虚構の元に生まれついたオニトゥマヘーに別れを告げ、再構成した正しいt.A.T.u.の曲が以下になります。

オザシグセー オザシーセー
ラニスマヘー ラニスマヘー ラニスマヘー↑
オザシグセー オザシーセー
ラニスマヘー ラニスマヘー ラニスマヘー↑
イッイッノッ イナーアー (wow wow)
イッイッノッ イナーアー

 この瞬間、俺たちは完全にt.A.T.u.になりました。時空は2002年まで巻き戻り俺たちは二人の少女となって、歓喜の涙を流し雨に打たれながらキスをして、Mステをドタキャンしました。そしてその精神的オルガスムスを感じながら眠りに就き、酒の残るアホみたいな頭のまま俺はこの記事を書いています。
 こうして俺たちは晴れてt.A.T.u.となった訳ですが、しかし俺たちだけがt.A.T.u.なのだと言うわけではありません。俺たちの提唱するオザシグセーラニスマヘー以外にもt.A.T.u.になりうるフレーズは存在しうると俺は思いますし、そのフレーズはあなた方の頭のうちに眠っているのだと考えています。
 ここまで読んで下さった読者の皆さま、あなたも是非あなたの思うt.A.T.u.となり、Mステをドタキャンしてみてくださいね。